宅地化すべき農地

 いわば、計画的に宅地化を進めると同時に、いっぽうで農地として残す必要のあるものは残す、というもので、それを税によってコントロールしようという法改正であった。
これにより生産緑地については、固都税の宅地並み課税を免れ、相続税納税猶予の特例措置が継続されるには30年間農地として耕作することが条件になった。

畑

 平成4年4月以降どれくらいの農地が、「宅地化すべき農地」に転換されたのか。
自治省の資料をみると、東京都の場合は市街化区域内のうちの40パーセントにあたる18.89平方キロメートル、埼玉県では72パーセントの40.04平方キロメートル、千葉県では77パーセントの32.27平方キロメートル、神奈川県では71パーセントの34.55平方キロメートルとなっていて、首都圏全体では66パーセントの118.52平方キロメートルが「宅地化すべき農地」に変わった。

白い家の模型

 212区内で市街化区域内農地の面積が一番広い練馬区は、平成3年と平成8年を比べると市街化区域内農地は、5.15五平方キロメートルから3.8六平方キロメートルへと1.29平方キロメートル減り、農地から宅地や商業地などに転用された。
さらに、平成8年の市街化区域内農地3.86平方キロメートル(練馬区の市街化区域面積の8パーセント)については、36パーセント、1.39平方キロメートルが「宅地化すべき農地」、64パーセント、2.47平方キロメートルが「生産緑地」となった。


現在,尼崎市よりお引越しを検討している方は,ぜひ塚口駅付近を検討してみませんか?当社のウェブサイトでは,尼崎市に設置されている塚口駅付近にある賃貸情報を豊富に載せています。駅周辺には買い物するのに便利なスーパーがございます。そのため,食料品などの買い物は不便なく済ます事が出来ます。またカフェや古本屋などもあるので,ちょっとしたリフレッシュも容易に行えますよ。更に梅田エリアへ約15分,神戸には約30分程で行き来が可能ですので、交通の便は良好だといえます。そんな不満が生じないエリアで,賃貸物件を借りて新生活を始めませんか?まずはコチラのウェブサイトにアクセスして賃貸情報をご覧になって下さい。

大阪府高槻市で不動産物件での暮らしをお求めのかたはぜひ弊社のウェブサイトまでアクセスしてください。こちらのサイトでは,高槻市にある土地・戸建・マンションを数多く紹介しております。「水とみどりの生活文化都市」がキャッチフレーズの高槻市は,豊かな自然に囲まれておりますので、大変過ごしやすいエリアでもあります。瀬戸内海気候に属しており,夏や冬の降水量はそんなに多くありません。しかし,山間部は日本海側気候に影響され,雪が積もります。年間の平均気温は16℃前後ですので,過ごしやすい環境となっているでしょう。また自然にも恵まれ,住環境も優れておりますので,住んでてよかったランキングで一位になるほど人気のエリアです。そんな高槻市で不動産購入を検討しませんか。こちらは交通利便性も高く,教育環境も良いですので,お子様を連れのかたでも快適に引越すことができますよね。ぜひこちら高槻市で不動産情報をお探しください。

東京都心ちかくでの生活をお求めでしたら是非ここ埼玉県さいたま市でお住まいをお探しになりませんか?ここさいたま市は、東京都としんまで簡単に向かうことが可能ですので、大変便利な地域と言えるのではないでしょうか?そんなさいたま市のお住まい探しは弊社にお任せあれ。さいたま市緑区のオシャレな新築戸建はこちら。駅近,スーパー・コンビニ近く,角地,南向きなど,人気の物件を豊富にご用意しております。駐車スペース2台以上の物件をご希望の方もお気軽にお問い合わせください。そんなさいたま市の新築戸建に関する詳しい情報は弊社のホームページをご覧下さい。ご不明な点,気になるさいたま市の新築戸建がありましたらご連絡してください。お待ちしております。

神戸市北区で賃貸物件をお探しの方へオススメのエリアがここ「谷上」駅周辺となっております。こちらは神戸市といえば,海や港町を連想される方が沢山いると思われますが,実は北区は山に囲まれたのどかな街です。空気が美味しく,夏は涼しく快適な暮らしを求めることも可能です。また,お子様の多いエリアになりますので,お子様を連れてのお引越しでも不安に思うことがありません。また,駅周辺にはスーパーや飲食店が立地しておりますので,お買い物などで大変さを感じることもありません。そんな谷上駅周辺で賃貸物件をお求めになりませんか。弊社では,谷上駅周辺にある賃貸マンション・アパートを豊富に紹介しております。ぜひ一度,弊社のウェブサイトから掲載されている谷上駅周辺の賃貸物件をご覧くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>